ネットショップを開くうえで何から始めていいのかわからない方へ!朗報です!

決済機能サービスが利用できるレンタルサーバ

ショップ経営をするとき、まずはサイト上で商品を紹介します。それを見てお客さんが注文をします。その注文に対して商品を送付し、お金の支払いを受けます。お金の支払い方法は、振り込みや現金書留、代引きなどでも一応は可能です。
ただし、それらの支払いが面倒に感じるお客さんもいます。できるだけ支払い方法は多い方が運営がしやすくなります。レンタルサーバを利用するとき、一般的には場所貸しのみです。ですから、その他の機能などは自分で用意する必要があります。決済機能のサービスなども別途自分で用意しないといけません。
でも、レンタルサーバの中には、ショップ運営を想定したサービスを提供してくれるところがあります。決済機能サービスをつけてくれます。

自分専用のドメインを持って運営

ネットショップを持とうとプロバイダから利用できるホームページスペースを利用することがあります。この時のアドレスは、前半にプロバイダのアドレスがついています。その下の層として自分のアドレスが付加されます。そのために長いアドレスになります。
ショップ運営時には、お客さんに信頼してもらう必要があります。そのためには、独自のドメインを持っている方が良くなります。レンタルサーバを利用するとき、ドメイン取得とセットになっている場合があります。
自分のショップに合ったドメインを作れば、お客さんからも信用してもらいやすくなります。ドメインは取得が面倒であったり期限があったりします。レンタルサーバの会社が管理してくれる時は、申請程度で行うことが出来ます。

レンタルサーバとは、ホームページやブログの運用で必要になるものです。そしてサーバでサイトを運用するにはドメインが必要になります。サーバーを月額で貸してくれて、ドメインは年一回更新料金を払います。